クラリス 薬の種類とその効果を教えていただけますか?

抗生物質といっても、抗生物質の種類によってその効果が異なります。一般に、抗生物質には、細菌の細胞分裂を押さえる効果があり、それが感染症などによく効くといわれています。

虫歯が痛そうな女の子

細菌に効果的に聞くのが抗菌薬、カビによく効くのが抗真菌薬、ウイルスによく効くのが抗ウイルス薬といわれています。また、抗菌薬でも効果によって種類が分けられます。

細胞壁合成阻害薬という抗菌薬は、細胞の細胞壁を破壊して細菌そのものを殺してしまいます。この抗菌薬は、人間に対する副作用が無いのが特徴です。

タンパク合成阻害薬は、細胞が生きるのに必須であるタンパク質の合成を阻害することで細菌の増殖を防ぐ薬です。菌に特有なリボソームにくっついて作用するのが特徴です。

他にも、DNA合成阻害薬などがあり、その通り細胞のDNAが作られるのを防いで細菌の増殖を防ぎます。葉酸合成阻害薬などもあります。

DNAを合成するのに必要な葉酸の合成を防止することで最近が増殖することを防ぎます。代表的な薬剤にはサルファ剤などがあります。

ほかには、細胞膜透過性阻害薬などがあります。細胞は、細胞膜の透過性によって様々な物質を細胞内から取り出したり、細胞外から取り入れたりして細胞内の環境を保っていますが、その環境を維持する手段を壊してしまうことで細胞を殺す薬です。

カビに効果がある抗真菌薬には、主にポリエンマクロライド系抗真菌薬とアゾール系抗真菌薬があります。前者はガンジダ系の感染症に、後者は水虫系の感染症によく使われます。

抗ウイルス薬は、抗生物質の中でもよくウイルスに効くもののことをいいます。抗ウイルス薬は様々なウイルスによく効きますが、使い方を間違えてしまうと、大変な事態を引き起こすことがあります。

使い方を間違えるというのは、決められた通りに薬を飲まなかったり、病気が治ったと思って最後まで薬を飲まなかったりすることです。

そうすると、ウイルスに抗生物質に対する耐性が出来てしまったりするので、きちんと医者の指示に従って使用するようにしましょう。

抗生物質にはどのような効果があるのか?必見です!