クラリス 薬を飲んでいるときに、アルコールは飲んでもいいの?

熱がある、だるい、そして病院にいくと細菌による感染と診断されて、抗生物質を処方されてという人もいるでしょう。しかし薬を飲みながら、仕事をしていると、薬を全部飲み終わる前に、仕事上の付き合いなどで飲む席に誘われることだってあるはずです。

薬が脳をコントロールするというイメージ

断りきれないから抗生物質を内服中でも、アルコールを飲んでしまうけれど、実際は体にどんな影響があるのでしょうか?その質問にお答えします。

・アルコールを飲むと肝臓で代謝されるので、薬が代謝できなくなる
薬を内服すると、最終的には肝臓で代謝をされて、最後は腎臓を通って、尿として排泄されます。しかしアルコールを摂取すると、肝臓は薬ではなく、アルコールの方を優先して代謝してしまうのですね。

そのために代謝されなかった抗生物質が体内に残ってしまうのです。通常薬には、内服をしてから、最高血中濃度、薬の半減期(薬の効き目が半分になる時)などが決まっています。

しかしそれがアルコールによってずれてしまうので、薬が体内に残りすぎたりしていることがあるのですね。その結果、薬の効果が高まり、副作用が出ることもあるのです。

・抗生物質を飲んでいる間は、体が弱っている状態
抗生物質というのは、体の中の細菌をやっつけてくれるものですが、同時に良い菌もやっつけてしまうのです。そのために体全体の抵抗力が下がっている状態なのです。

その状態でアルコールを飲むと、いつもよりも酔いやすい、次の日に二日酔いとして残っているという場合が多いのです。薬というのは、その内容成分によって役割が大きく異なります。

そのためにアルコールにより効果が出過ぎることもありますし、反対に効果がなくなることもあるのですね。それに注意しておく必要があります。

本来は抗生物質を飲んでいる期間に、アルコールを摂取するのは最も避けた方がいいことなのです。できたら付き合いの席に行く場合は、お茶で済ませる、可能ならノンアルコールのものを摂取する方が安全です。

アルコールと抗生物質の関係